TEL LINEネット予約

野球肘「離断性骨軟骨炎」 | 春日部市で整骨院なら高橋はりきゅう整骨院|鍼灸・腰痛

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肘の記事一覧

野球肘「離断性骨軟骨炎」

2020.06.03 | Category:

投球による肘傷害を総称して『野球肘』といいます。骨・軟骨や靱帯・筋腱付着部の傷害が含まれますが、部位により内側型と外側型に分類されます。『内側型』野球肘は内側靱帯・筋腱付着部の傷害や尺骨神経の麻痺が主体で長期的な経過は比較的良好ですし、投球しながらの治療も可能です。それに対して、『外側型』野球肘は発育期では離断性骨軟骨炎が中心となります。

離断性骨軟骨炎はまず上腕骨小頭【上腕骨の肘の先端部(親指側)】が橈骨頭【前腕の橈骨(親指側)の肘の先端部】に繰り返しぶつかることにより、その部位の骨が死んできわめて弱くなります。死んだ骨は当然治ろうとしますが、投球を続けることで圧迫力がかかり続けると、生き残った骨と死んだ骨との境目に骨のない隙間ができ、投球をやめただけでは簡単に治らなくなります。さらに、投球による圧迫が続けば、死んだ骨が軟骨とともにはげ落ち関節鼠となるのです。  
離断性骨軟骨炎は、比較的若い時期すなわち小学生から中学生までに多く、11歳、12歳が発症のピークになり、痛みなどの症状が出現するのは14歳前後になります。その理由として肘の内側にある内側側副靭帯がまだ弱く、また靭帯の付着部も軟骨のまま完全な骨になっていないため外反力【肘の内側(小指側)が引っ張られ、外側(親指側)が圧迫される力】を支えきれず、外側の圧迫による障害がでると考えられています。

治療

初期の場合は、自然回復が見込めるため投球を禁止します。投球以外では、腕立て伏せや跳び箱、逆立ちなど肘に負担がかかることも同時に禁止します。リハビリテーションでは、投球禁止中に肩関節や肩甲骨の柔軟性改善や肩甲骨の周囲の筋力強化を行います。医師から投球が許可された場合、フォームの修正を行い段階的に復帰していきます。しかし、骨の成長が止まり、進行期や治癒の見込みがなくなった場合に手術適応となることがあります。手術は、膝から軟骨を採取し肘の傷んだ部分に移植する手術(骨軟骨移植術・モザイク形成術)を行います。約6カ月でスポーツ復帰となります。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

2020.05.14 | Category:

上腕骨外側上顆炎はテニス肘ともいわれ、テニス愛好家に多く発生することからこのような俗称で呼ばれています。
バックハンドでボールを打ち返すときに肘の外側に痛みが走ります。手首を反らせるように腕に力を入れたり、ドアノブを回そうとしたり、雑巾を絞る時などにも痛みがあります。症状が進むと、普段でも肘がジンジンと痛むようになります。
30代~50代の女性に多く、テニス歴がなくても普段の家事やパソコンキーボードの打ち過ぎが原因でなる場合があります。

■なぜ起こるのか

肘の外側(上腕骨)には外側上顆という骨の盛り上がりがあり、その部分に手首を背屈させる(反らせる)筋肉群が付着しています。
例えばテニスでボールをとらえるとき、ラケットを強く握って手首をかえす動作では前腕の筋肉が強く収縮し、外側上顆付近には大きな負荷が加わります。また、テニス初心者など、ボールをラケットの中心でうまくインパクト出来ていないことも肘への負荷の原因となります。
上腕骨外側上顆炎はこのような負荷を繰り返すことにより、付着部付近の筋肉が炎症を起こした状態をいいます。
症状が悪化すると、この部分にカルシウムが沈着し、石灰化することもあります。

■どうしたら治るのか

痛みが強いうちは運動を一時休止して肘を安静にします。お風呂で肘をよく温め、湿布を貼って就寝するようにしましょう。炎症部位にステロイドと麻酔剤の混合液を注射することも効果的です。
リハビリテーションでは肘周りの筋肉の柔軟性を高めることを目的としたストレッチと筋力強化トレーニングを行います。テニス肘バンドと呼ばれる装具を使用することで痛みは軽減します。
ほとんどのケースはこのような治療で数カ月以内に症状は軽快しますが、適切な治療をせずに無理にプレーを続けると症状が悪化し、時に肉離れに発展したり、慢性化すると完治までに1~2年を要する場合もあるので注意が必要です。

肘内障

2020.04.30 | Category:

俗にいう「肘(ひじ)が抜けた」状態のことです.
 親がこどもと手をつないで歩いているとき,こどもが転びそ うになったのでとっさに手を引っ張ったら,急にこどもが泣いて手を動かさなくなった,というのが最も典型的な起こり方で,肘の関節の亜脱臼の状態です.歩 きはじめから5歳くらいまでのこどもで,とくに1歳から3歳の幼児に最も多く起こります.こどもは突然泣き出し,痛めた方の腕を使おうとしなくなり,また 触れられることを嫌がります.腕は麻痺をしたようにだらりと垂れ,内側を向いたようになります.
 亜脱臼した関節が自然に元に戻ることもあります が,多くは治らないので治療が必要です.関節を元に戻す処置(整復)は,外来で比較的簡単に麻酔をかけずにできることが多く,完全に整復されると,こども はすぐに肘を曲げたり手を使うようになります.しかし,幼児が一人で遊んでいたり,友達と遊んでいたりしている時などに起こると,けがをした原因がわから ないこともあります.このようなときは,肘の関節のまわりの骨折や鎖骨の骨折などがないか,注意深く診断する必要があります.
 5~6歳になると靭帯がしっかりしてくるのであまり再発は起こりませんが,一度肘内障が起こると繰り返すことが多いので,治ってもそのあとは手を強く引っ張らないように注意しましょう.

肘部管症候群

2020.04.24 | Category:

肘部管症候群とは、小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。

原因

 肘の内側の上腕骨内上顆というくるぶしの後ろに、骨と靭帯で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経が通ります。トンネル内は狭くゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると、容易に神経麻痺が発生します。

 圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が隆起した骨棘や、靭帯の肥厚、トンネル内外にできたガングリオン嚢腫などがあります。神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折によって生じた外反肘(肘を伸展させると過剰に外側に反る変形)などがあります。

症状の現れ方

 麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指と薬指の小指側にしびれ感が生じます。麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪変型(あるいは鷲手変形)が起こります。筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。