TEL LINEネット予約

足根管症候群 | 春日部市で整骨院なら高橋はりきゅう整骨院|鍼灸・腰痛

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > > 足根管症候群

足根管症候群

2020.06.04 | Category:

足首の内側、いわゆる「内くるぶし」のかかと側にある神経・血管の通り道「足根管」が何らかの原因で狭くなり後脛骨神経が締め付けされることにより発症します。足根管は屈筋支帯により覆われています。本症の原因としては特発性といわれるような明確な異常所見がない原因不明のものもあります。しかし、最近ではガングリオン、足根骨癒合症(そっこんこつゆごうしょう:足部の一部の骨が、周囲の他の骨とひっついている疾患)による骨性隆起(こっせいりゅうき:骨の突出部分)、外傷およびその後の出血、腫瘍などが存在して起こる場合が多いとされてきています。特にガングリオンによるものが多いといわれています。

症状

しびれの感覚は、ピリピリ、ジンジンと表現されることが多いです。その他に、異物付着感、冷感・熱感(ほてり)などいった症状があります。異物付着感は、“足の裏にお餅がくっついている感じ”、“素足で砂利道をあるいている感じ”などと訴えられます。これらの症状が安静時にも強いときには、夜間の不眠の原因になっている場合もあります。
踵に向かう神経の枝は足根管よりも手前で枝分かれするので、これらの症状は一般的に踵には無く足裏の前方にあります。

この足根管の部分を指で叩いて、足裏のしびれているところに電気が走ったり、症状が強くなるようであれば(チネル様徴候)、足根管症候群の可能性が高いです。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰椎病変との鑑別が必要です。また、腰椎病変に合併していることがあり、腰椎病変の手術後に残存した足裏の症状の原因となっている場合もあるので注意が必要です。

 

治療

治療はまずは保存的治療を行います。局所の安静、湿布や消炎剤の軟膏の塗布、足底板の装着などがありますが、ステロイド剤の局所注入が有効です。脛骨神経を圧迫するガングリオン、腫瘍、骨性隆起などがあり、保存的加療で症状がよくならなければ手術によって屈筋支帯を切離し、神経の圧迫を取り除き、これらの圧迫存在物を切除します。