TEL LINEネット予約

肋間神経痛 | 春日部市で整骨院なら高橋はりきゅう整骨院|鍼灸・腰痛

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 肋間神経痛

肋間神経痛

2020.06.29 | Category: 未分類

肋間神経痛は胸椎から出ている肋骨に沿っている神経が痛む症状である。

原因

肋間神経はちょうど胸のあたりにある脊椎である胸椎の中にある胸髄神経から出て、肋骨に沿っている神経である。肋骨は左右12本ずつの骨で、その中にある人間が生きていく上で欠かせない心臓や肺を保護する重要な骨である。肋骨に沿っている肋間神経が痛む原因はさまざまである。脱臼や骨折、腫瘍によって神経が損傷し痛みを感じたり、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などの病気により神経が圧迫されて引き起こされることもある。また帯状疱疹が原因であることもある。帯状疱疹は帯状疱疹ウイルスの感染によって皮膚に赤いぶつぶつや水ぶくれが引き起こされる病気だが、神経痛を引き起こすこともあり、その場合はじくじく、ピリピリとした痛みを胸のあたりに感じる。

症状

肋間神経痛を引き起こしている原因によって、痛みの出る頻度、症状は異なる。ビリっと電気が走ったような鋭い痛みだったり、じくじくとした痛み、ヒリヒリとするような痛みだったりする。肋骨の骨折や肋骨に腫瘍がある場合や、胸椎椎間板ヘルニアなどが原因の場合は上半身を前後や左右に曲げたり、ひねったりする際に特に痛みが強くなることがあり、息ができないほどの痛みが現れることもある。肋間神経は肋骨に沿う形でつながっているため、肋骨に沿って痛みが出ることが多く、片側のみが痛む場合が多い。

治療

肋間神経痛の治療は、原因が分かった場合、その病気を治療することで痛みやしびれを取り除くことにつながる。原因がはっきりしない場合は、消炎鎮痛薬や神経痛薬の内服治療を行う。痛み止めの処方で痛みが治まらないとき、神経ブロックという治療で痛みを抑える場合もある。神経ブロックは痛みを引き起こしている神経やその近くに直接麻酔薬や神経を破壊する薬、神経に起きている炎症を抑えるステロイド剤を注射して痛みを取り除く。